2016年9月6日火曜日

世界における建築家の仕事

> 更新遅れました
> 現在登校中の電車の中でブログを書いてます
>
> 昨日は建築学科3人で夕方から日本の建築家、谷尻誠さんのレクチャーを聞きに行きました!時間が17:30からと少し遅めだったのでそれまで時間を潰し、少し早めに17:00頃に会場であるレンガ製造の会社に着きました。
>
> その時点で会場の中にはスーツを着た人しかいなく、これはとんでもないところに来てしまったと思っていたのですが、中に入るとどうやらそこの会社の人らしく、会場自体には誰もお客さんがいなかったので少し谷尻さんと話すことが出来ました!
>
> 最初は日本から来たということで谷尻さんと奥さんのお二方に驚かれましたが、とても気さくで面白い方でした!
>
> 17:30になり席に座ると続々とお客さんが増えてそのうち天ぷらや蕎麦など日本をイメージした料理が一口サイズで次々と運ばれてきて食べることが出来ました。とても美味しかったです。
>
> その後谷尻さんの英語でのレクチャーが1時間半程あり、谷尻さんのキャリアや作品のプロセスの話、現地の人の質問などなどとても刺激になりました!
>
> 今回はここまで!
>
> 昨日も帰りが遅くなったので今日は早く帰ることにします
>
>
> ✳︎ 佐藤 悠貴 ✳︎

2 件のコメント:

  1. 自分の専攻分野で活躍している方のお話が聞けて、将来に向けて有意義な時間になったのではないでしょうか^^
    きっと大学生活は思っている以上にあっという間に終わってしまいます。その短い時間の中で将来について考えるのは大変かもしれませんが、ぜひ後悔のないような道に進んでください!(^O^)/

    事務局 川島

    返信削除
  2. 他の科学分野でもそうですが,建築ももはやグローバル時代.世界中の人達とコラボして良い作品を生み出して行く必要があります.こういう人達に未来の自分像を重ねて,「よし,自分もいつかこうなってやるんだ」と思って下さい.

    返信削除